落ち着きのあるダークな色合いでホテルライクな空間に | アールツーホーム

落ち着きのあるダークな色合いでホテルライクな空間に

文京区下水道 Y様邸

Data
  • バスルーム
    • 築年数:10年
    • 構造:鉄筋コンクリート造
    • 工期:約2週間
    • 工事面積:7平方メートル(トイレ・浴室・洗濯機置き場含む)
    • 工事費用:トイレ:45万円 浴室・洗面:218万円

白と茶を貴重にしたシンプルなトイレですが、実は最新機能満載です。
例えば、壁には脱臭効果のあるエコカラット、便器は汚れが付きにくく落ちやすい素材……、
他にもイロイロ、とにかく使って気持ちいいトイレで新生活をスタートさせましょう。

バスルーム

入浴時に椅子や洗面器は使わないのでカウンターはあえて付けていません。鏡も付けず、とにかく自分が必要と思える物だけをセレクト。
浴槽はスタイリッシュなスクエア型、ほっカラリ床の色の遊びが効いています。

脱衣所&トイレ

バスルームとトイレ、脱衣所を一つの機能的な部屋としてとらえ、全体のテイストを合わせました。一体感を持たせるために、バスルームの扉を透明に。
中が見えること最初は多少の躊躇もあったそうですが、結果的にバスルームも脱衣所もどちらも狭苦しくなく、これで正解でした。

脱衣所&トイレ

洗面カウンターや、写真には見えていませんが右側にある収納の木の扉に合わせて、床の色を選択。
洗面カウンターには耐水性の木を使用。カウンター手前にバスタオルを掛けるバーが付いていて、シンプルだけど機能的。

洗面カウンター

最近、人気の収納がないタイプのシンプルな洗面カウンター。反対側に大型収納があり、鏡の裏にも小物が収納できるので、
カウンター下にまで収納は必要なし、と判断。すっきりとスタイリッシュ、掃除がしやすいのもうれしいところです。

洗濯機置き場

生活感のあるものをなるべく見せたくないと、洗濯機やその関連の細々とした日用品は、
左側の木の扉の向こうに隠しました。使うとき、この木の扉はフルオープンできるので、作業も楽々です。

リフォーム前の課題

リフォームに至った理由はお施主様が海外暮らしから
日本に戻ってこられる機会に、自分好みの住まいに
リフォームをしようと考えた為です。

3in1の水廻りは海外生活の影響もあれど
いちいちトイレと洗面室を行き来するのに
扉を開けるのが面倒…。という女性ながらも
ワイルドなご希望があったためです。

洗濯機置き場を隠す扉は解放時には
収納脇に収まるつくりになっております

ここを学べ!

ひとり暮らしの場合は特に、バスルームとトイレが一体のほうが、むしろ使い勝手がいい。どのような使い方をしたいのか考えると、自分に合ったプランが思いつくはずだ。

一覧へ戻る