水周りリフォームで大活躍、クッションフロアのメリットとデメリット | アールツーホーム
  • 居室リフォーム
2017/2/15

水周りリフォームで大活躍、クッションフロアのメリットとデメリット

皆様はクッションフロアをご存知でしょうか
住宅でも水回りに採用されることの多いこの商品
賃貸物件ではお部屋で使われていることも多い塩化ビニルを用いた床材です。

居室リフォームの相談(無料)

ビニールのシートにクッション材が裏打ちされているので
適度な弾力性もあり、足腰が疲れにくいのが特徴です。

クッションフロアを採用するメリットとは

・防水性が高いこと
大きさが182センチの広幅であるため、小さなスペースでは
ジョイントが入りにくく、床下地へのお水の侵入が防げる

・安価であること
施工性が高く、商品そのものも安価であるためフローリングよりも価格を抑えることができる

 ・下に音が響きにくいこと
クッションが裏打ちされていることで、
フローリングと比較した際に音が下の階に響きにくいです

逆にデメリットとは

・凹みや家具の跡がつくこと
柔らかい素材なので、上に置くものによって凹みや跡ができること

 ・熱に弱いこと
熱いものに弱いので、焦げたり場合によっては溶けたりといったことが生じます

基本的にはビニルクロスと同様のスパンで経年劣化もおきますので
張り替えが必要となる床材ではあります。

ただ、最近のクッションフロアは、多様な種類があり
表面に細かい凸凹を付けたエンボス加工、
マットで滑らかな質感を施したものなどタイプも色々あります。

メリットとデメリットをきちんと踏まえご採用頂く際は、
無料でサンプルの取り寄せが可能なので必ず広い面で柄を確認をするように致しましょう。

ietore2-2

以上、クッションフロアのご紹介でした。

居室リフォームの相談(無料)

記事監修:インテリアコーディネーター 大貫愛

この記事は「アールツーホーム」が執筆しました
実績1万件以上!同じ工事なら最安価格で承ります

一覧へ戻る