最新ユニットの組み合わせで、使い勝手のよいキッチンに | アールツーホーム

最新ユニットの組み合わせで、使い勝手のよいキッチンに

大田区下丸子 H様邸

Data
  • キッチン
    • 築年数:12年
    • 構造:RC造(マンション)
    • 工期:約1.5カ月
    • 工事面積:約95㎡
    • 工事費用:約1170万円
    ※上記事例はフルリフォームの一部として実施したため、
  • データは参考値となります。

元はダイニングとの間に壁がある閉鎖型のキッチンでしたが、壁を取り払って開放感のある対面式に。
リビングスペースを広くするためにキッチン側のスペースを30cmほど譲りましたが、
最新ユニットから用途に合わせて選んで組み合わせたため、収納力抜群で使いやすいキッチンになりました。

キッチン

こちらのキッチンはリクシルのサンヴァリエ〈リシェルSI〉というシリーズ。
キッチンパーツが豊富で、使う人が自由に選んで組み合わせられるから、必ず理想通りのキッチンができあがります。

抜群の収納力

ダイニング側のカウンターからのぞくと、左に調理台、右に電子レンジなどがうまく収まる大型システム収納になっています。
限られた空間を有効に使うため、奥のあいたスペースにも棚を設置。たっぷりの収納力が魅力です。

昇降式吊戸棚

右側の大型システム収納の上部の棚は、物が取り出しやすいように引き下ろして使える昇降式吊戸棚を付けました。
引き下ろしたとき、下の棚に置いてある電子レンジにぶつからないように綿密に計算されています。

タッチレス水栓

センサーに手をかざせば水が出るタッチレス水栓は、最初は「贅沢かな」と思っていたとか。でも実際に使ってみると、
その便利さに「付けてよかった」と。毎日使うものだからこそ、いいものを選んでよかったと実感しているそうです。

キッチンカウンター

LDKの悩みのひとつは、リビングにお客様がいらしたとき、キッチンが丸見えになってしまうこと。そんなときでも
キッチンだけが浮いた感じにならないように、リビング側のカウンターにキッチンユニットの素材を使用して、部屋としての一体感が出るようにしました。

コーナー収納

L字型キッチンの場合、コーナー部はデッドスペースになりがち。でも最近はさまざまなコーナー収納がありますから心配はいりません。
こちらは炊飯器置き場を前にスライドさせれば、L字キッチンのコーナー部の収納が引き出せるタイプです。

下段引出し

キッチンには水道やガスなどさまざまなパイプが通っています。リフォームの場合、取り壊してみるまでその状態はわかりません。
こちらのお宅のパイプスペースは必要でしたが、奥の部分にできる限りまとめて、ギリギリまで引出し収納を取りつけました。

ゴミ箱置き場

キッチンのプランを立てるとき、忘れてはならないのがゴミ箱の置き場。専用の置き場を作っておくかどうかが、
キッチンを美しくスッキリと保てるかどうかの分かれ道。ゴミ箱はこのように、使うときだけ引き出して、通常は見えないように隠すのが鉄則です。

リフォーム前の課題

壁で仕切られた一昔前のキッチンスタイルを一新したい。LDKとの一体感を大切にしたオープンスタイルに。

ここを学べ!

キッチンは物であふれているもの。だからこそ、最初から物の置き場をはっきりさせておくことが大切。何をどこに置きたいか考えて収納スペースを確保しておこう。

Before
Ater

以前の間取りと比べると実は狭くなっていますが、ムダなスペースを作らず収納をたっぷり確保したので狭さはまったく感じない

一覧へ戻る