中古物件を購入して、 家族に残せる資産価値を上げるリフォーム。 | アールツーホーム

中古物件を購入して、 家族に残せる資産価値を上げるリフォーム。

横浜市鶴見区N様邸

Data
  • 戸建て
    • 築年数:18年
    • 構造:木造
    • 工期:3ヶ月
    • 工事面積:87m²
    • 工事費用:800万円

中古物件探しから始まったN様ご家族のマイホーム計画。住環境や交通の便も重要ですが、
希望通りのリフォームができる建物であるかどうかも大切なポイント。今回は物件探しの段階からリフォーム担当者が
同行してアドバイス。その結果、広いリビングとお風呂というご希望通りのリフォームが完成しました。

2階・LDKは壁を取り除き、筋交いで補強

元々2階の中央部分にはキッチンがあり、柱と壁で囲まれていました。これを取り除いて広々としたLDKにしましたが、
壁を取り除いた分の若干の補強が必要に。壁を作って空間を分断したくなかったので、柱に筋交いをプラスして、補強をしつつデザイン性を高めました。

2階・LDKの天井

LDKの天井を見上げると、吹き抜けに天窓、化粧梁が。実はこれ、以前はロフト収納になっていた部分なのですが、
収納スペースは十分とれたので、吹き抜けにすることにしました。おかげで明るく、雰囲気のよいLDKになりました。

2階・和室

フローリングだけではなく、足を伸ばして横になれるスペースが欲しいということで、リビングの一角は畳スペースにしました。
日頃は扉を大きく開け放って広いリビングとして。また扉を閉めて寝室として使用することも可能です。

2階・対面式キッチンにカウンターを付けて

対面式キッチンにL字に大きくカウンターを付けました。朝の忙しい時間はここで朝食をすませたり、
お母さんが家事をしている間、お子さんがお絵かきをしたり宿題をしたり、便利に使えそうです。

2階・キッチン

リビングを見わたせる対面式のキッチン。
オープンタイプなので、小さなお子さんにも目が行き届いて安心です。

2階・キッチンの大型収納

キッチンの脇に設けた大型収納スペース。一番下の棚はちょっとした書きものや家事ができるよう、
机として使える広さ・高さになっています。コンセントも2か所あり、家電を置くこともできます。

2階・トイレ

収納棚や窓枠は既存の物がまだ十分に使える状態だったので、
そのまま利用してコストを抑えました。焦げ茶を基調に落ち着いた内装で仕上げました。

1階・ホールの収納

奥行きのある収納に、可動棚が奥と手前の2列に分かれて付いています。
奥は細かく棚で区切って小さな物を収納、手前は棚の数を減らして背の高い物を収納、といった使い方が可能です。

1階・バスルーム

ご家族みなさんお風呂が好きということでバスルームを広くすることに。
1・2階、両方にあったトイレを2階のみにして、そのぶんバスルームと脱衣所を広くしました。

1階・脱衣所

バスルーム同様、脱衣所も以前より広げて、ゆったりとしたスペースを確保。
洗面台も鏡のスペースが広いものに取り替えました。

リフォーム前の課題

全体的に老朽化していましたが、使える部分は極力使ってコストを抑えたい。子供世代に資産として残せるような資産価値を上げるリフォームがしたい。

ここを学べ!

中古物件探しから始める場合は、物件探しの段階からリフォームの専門家に相談するこをおすすめします。完成イメージを想定しながら探せることで、リフォームでやりたいことが思い通りにできる物件を探すことができます。

Before
After

一覧へ戻る