一般的な間取りの一戸建てにLDKをもうひとつつくって二世帯住宅に | アールツーホーム

一般的な間取りの一戸建てにLDKをもうひとつつくって二世帯住宅に

江東区I様邸

Data
  • 戸建て
    • 築年数:-年
    • 構造:-造
    • 工期:約-カ月
    • 工事面積:約-㎡
    • 工事費用:約-万円

一戸建てに二世代で暮らしていたI様ご夫婦。自分たちのキッチンが欲しくなり、1階に2部屋をつなげた若夫婦専用LDKをつくることにしました。北欧風が好きなご主人と、和風がお好みの奥様。どちらかに決めるのではなく両方を取り入れ、主張し合わないうまいバランスで仕上げたインテリア。壁を取り払って広々と明るいLDKは、風の通り道もよく考えられています。床は肌触りがやさしい無垢材をチョイス。快適な空間ができあがりました。

ダイニングからリビングを見る

壁で仕切られていた2部屋をつなげてLDKに。耐震性を確保しながら、できるだけ間口を大きくして開放感を出しました。
扉を吊りタイプにしてフローリングをつなげることで、さらに広がりが感じられます。フローリングは肌ざわりのよいオークの無垢材を使用。

ダイニングとリビングの仕切りは透明アクリル

日頃は開け放っていますが、夏冬に冷暖房の効率を上げたいときは部屋を仕切りたいもの。しかし扉を閉めることで明るさが損なわれるのは残念。
そこで空間を仕切りつつも光は通す、透明アクリルの扉にしました。扉を閉めるとこんな感じです。

ダイニング&キッチン

LDKは、床をオーク材のフローリングにし、壁と天井は白で統一。シンプルで飽きのこない組み合わせです。
それをベースに、ダイニング&キッチンには奥様がお好きなブルーを、タイルとカウンターの一部、そしてダイニングセットの椅子に差し色としてとり入れました。

ダイニング

キッチン側からダイニングを見たところ。奥様お気に入りの和戸棚とウォールナットの棚は以前からお持ちだったもの。
全体にシンプルなインテリアで仕上げてあるので、和風のしつらえがコーナーとして成り立っています。

ダイニングの和戸棚と書棚

ダイニングに置いた2つの家具は、どちらも以前からお持ちだったもの。奥様お気に入りの和戸棚を一角において、和風コーナーにしつらえました。
反対側には木枠だけのシンプルな棚を。実はこの部分だけ壁紙を濃紺にして、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

キッチン

キッチンユニットは白の木目調をチョイス。壁のタイルにはDKのテーマカラーであるブルーをアクセントに取り入れました。
キッチンとダイニングをゆるやかに仕切るカウンターは、両面に収納が付いていて使い勝手よく仕上げています。

リビング

以前からお持ちだった正方形の畳4枚を利用して、テレビの前に畳コーナーをつくりました。
そのままゴロリと横になったり、洗濯物をたたんだり、畳は何かと便利です。リビングには、仕切り壁にグリーンの壁紙を使って差し色にしました。

リビング裏のプライベートコーナー

グリーンの壁の裏に、日常使いの細々したものを収納。リビングが散らからないように、あえて壁で仕切りました。しかし、完全に仕切る必要はないので、
壁の高さは目線が隠れる程度に。天井部分を開けたことでリビング側に圧迫感がありません。右側の扉は約2畳分のウォークインクローゼットなので、ここで着替えをすることもあります。

リビング隅のドレッサーコーナー

リビングの一角に奥様のドレッサーコーナーをつくりました。壁の小さな窓は、玄関ホールとつながる内窓です。風の通りをよくするために付けました。
玄関ホールは窓がなく暗めなので、リビングからの光が玄関ホールにまで届くというメリットもあります。

風通しをよくする内窓

風の通り道をつくるためにリビングと玄関ホールの間の壁に小さな内窓を付けました。このようにスウィング式に開きます。
ナチュラルな木枠とレトロ調の泡入りガラスの組み合わせが優しい印象。風と光を通すという機能性はもちろん、インテリアとしても素敵です。

リビングのガーデニングコーナー

ガーデニングが趣味という奥様のために、リビングの一部の床をタイル貼りにしました。どのくらいの大きさにするか悩みに悩んだそうですが、結局30cm角のタイル3枚分に。
タイル貼りだから、土の入れ替えで少々汚れても、水やりで濡れても気になりません。お掃除もらくらくです。

リフォーム前の課題

1階に新たにつくるLDK。壁を取り除いて明るく広い空間を手に入れたいが、耐震性も気になる。どちらも十分満足できるものにしたい。

ここを学べ!

お持ちの家具も、ご夫婦の好みも、統一されていたわけではないのですが、それでもLDKとしてまとまって見えるのは、壁と天井は白、ナチュラルなフローリングとベースをシンプルにして、コーナーごとに変化を付けたから。妥協せずに好きなものを生活空間に取り入れたいものです。

 

Aftercase

大型ウォークインクローゼット付きの洋室2部屋の壁を取り払ってLDKに。ウォークインクローゼットは1つを残して、もう一方はキッチンにしました。

一覧へ戻る