タイルの目地埋めとは | アールツーホーム
  • 内装
2016/12/24

タイルの目地埋めとは

こんにちは

一層寒さが増してきた、今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか。

今日は前回のブログからの続き、

タイルに目地を入れる作業をご紹介します。

そもそも目地とは

建築物における、少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分をいい 、

目地に充填される建築材料のことを目地材、または単に目地ともいったりします。

タイルにおける目地は

タイル個々のバラツキを吸収し、見た目を美しく整然とさせるため

に入れられます。

手順としては

①目地材を水で溶いてよく混ぜる

②隙間をおいて貼り付けたタイルの上から、目地材をのせ

目地の奥まで詰める

③時間を置いて、スポンジ等で拭きとる

と、簡単に書いていますが

当然、職人さんの技が必要なとっても難しいこの作業

実際の作業風景はこちら

DSCN3647

DSCN3648

なお、白やグレーに代表される目地材の色も

実はたくさんの種類があり

タイルによって色をかえることも可能です。

これは実際に白の目地埋めをしたもの

2017-02-13 12.34.03 2017-02-13 12.34.53 2017-02-13 12.34.34

文京店にお越しいただければ

実物もご覧いただけます。

タイルをご検討の方

是非お立ち寄りください。

一覧へ戻る