寝室リフォームに間接照明を… | アールツーホーム
  • 居室リフォーム
2016/8/16

寝室リフォームに間接照明を…

一日の疲れをリフレッシュする寝室には、間接照明によるやすらぎの光は最適です。
不要な刺激を避けて、やさしく包み込むようなあかりが眠りまでのひとときを 心地よく演出します。

居室リフォームの相談(無料)

寝室照明で避けたい事:
白色の蛍光灯色の明かりは避けましょう。
白色は緊張状態や集中力を促進する色で、 スムーズな眠りを妨げるといわれています。

ietore2_03

光源が直接目に入ることを避けましょう。 弱い光でも直接視界に光源が入るのは刺激が強すぎます。
ベッドに入った状態で、視線上にダウンライトや、スポットライトがあるのは あまりおすすめできません。

理想的な寝室照明:
ietore2_05
ベッド上部に折り上げ天井を作り、やさしく降り注ぐような間接光

ietore2_10
枕元壁面を下から間接照明

ietore2_12
緩やかにカーブした壁面を利用し、より雰囲気のある間接照明

ひと工夫:
今は蛍光灯からLED照明が主流となってきています。
LED照明は交換や電気代コストが大幅に削減されるだけでなく、
1台の照明器具で、昼白色と電球色を切り替え出来たり、
照明の光量を0%~100%まで調光可能なものが普及され始めています。
住宅環境上、間接照明が難しくても、照明器具そのものを変えてみるだけでも
全く違う雰囲気のお部屋にできるかもしれません。
リフォームを検討される際には、ぜひ取り入れてみてください。

居室リフォームの相談(無料)

記事監修:ライティングコーディネーター 鈴木功一

この記事は「アールツーホーム」が執筆しました
実績1万件以上!同じ工事なら最安価格で承ります

一覧へ戻る