家の顔、 玄関のイメージを照明であやつる。 | アールツーホーム
  • その他リフォーム
2015/8/11

家の顔、 玄関のイメージを照明であやつる。

「おうちの顔」玄関空間ですが、照明の使い方によって
イメージにいろいろと変化を付けることができます。

その他リフォームの相談(無料)

①まずは一般的なところから、天井照明を使った事例です。

代表的な玄関照明例です。写真は3灯もついていますが、一般的には天井に1灯ダウンライト、もしくはシーリングライトというパターンの住宅が多いです。

②次に、プラスブラケット照明を付けた事例です。

こちらは、基本の天井照明にプラスして玄関収納上にブラケット照明を設けたパターン。
棚の上に飾ったものが際立ちます。上に吊り戸棚が付いている場合もありますが、その場合は棚下に家具用のダウンライトを取付けることもできます。

③最後は、間接照明にした事例です。

最近は玄関収納のフロートタイプ(床から浮かせて取付けるタイプ)が多いので、
そこを利用し、床を照らすように収納の下に照明を入れます。
注意点としては、玄関床の素材がビカビカで映り込むような素材だと、
照明器具が床に映ってしまうことがあるので、
その場合は目隠し板をつけるなどをする必要があります。

②、③のような家具周辺に照明を持ってくる場合は壁の中の配線経路があるので、
後から取付けるには結構難しいです。玄関収納や壁紙を変えるタイミングなどで
一緒におこなうのがおすすめです。
玄関の印象を変えるだけで、ずいぶんおうちの雰囲気がかわります。
また、玄関を飾るのが楽しくもなると思います。

その他リフォームの相談(無料)

記事監修:ライティングコーディネーター 鈴木功一

この記事は「アールツーホーム」が執筆しました
実績1万件以上!同じ工事なら最安価格で承ります

一覧へ戻る