――造作により大きめの洗面器を設置―― 施工事例:造作洗面 | アールツーホーム
  • 施工事例
2022/8/11

――造作により大きめの洗面器を設置―― 施工事例:造作洗面

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

洋服についてしまった頑固な汚れは、そのまま洗濯機に入れてもなかなか落ちないことってありますよね。あるご家庭では、お子さんの洋服についた汚れは、洗面台で下洗いしてから洗濯機へ入れることが多いとのことでした。

そのご家庭からリフォームのご依頼をいただきご提案したのが、通常の2倍ほどある約22ℓの洗面器です。大きな洗面器であれば、下洗いもラクラクです。

ただ問題は、その洗面器がお客様の洗面スペースに合うかどうかです。既製の洗面台では取り付けられないケースも出てきますが、「造作」(ぞうさく)によってアイデアの実現性が高まります。造作とは、職人さんがそのおうちに合わせていろいろ手作りをすることで、これによってスペースを有効に活用できたり、空間をおしゃれに演出したりできるんです。

今回も造作をすることとなりました。現地では、ご提案商品をきちんと設置できるよう、1つひとつの寸法を計測。おかげさまで無事に工事は終了し、お客様によろこんでいただいております。

造作はリフォームの醍醐味の1つです。アールツーホームではお客様のライフスタイルに合わせてさまざまな造作をご提案することが可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

一覧へ戻る