桐はフローリングにもおすすめ | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2022/5/31

桐はフローリングにもおすすめ

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

リビングの床材の定番といえば、フローリングですよね。フローリングに使われている木はさまざまで、種類によっていろいろな特徴があるんです。今回は「桐」にスポットを当て、ご紹介したいと思います。

タンスをはじめ高級家具の材料として使われている桐は、実は床材としても優秀なんです。桐は空気をたくさん含んでいるため熱が伝わりにくく、夏は涼しく冬は暖かという特質があります。

また桐は、ほかの木材と比較して、やわらかいというのも特徴です。転んだときの衝撃を軽くしてくれるので、小さいお子さまがいるおうちや保育園、お年寄がいる施設で採用されることがあります。

さらに桐は「タンニン」という成分を含んでいます。タンニンには抗菌、防腐、防虫といった作用があるため、それによって耐久性が向上。高級家具に桐が使われているのも納得ができますね。

少し価格が高いという弱点はありますが、リフォームをご検討中の方は「ここぞ」という場所に桐をフローリングとして用いてみてもいいかもしれません。

一覧へ戻る