【水まわりに適した床材とは?】 | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2022/2/17

【水まわりに適した床材とは?】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

リフォームをするからには、とことんこだわりたいとお考えの方は多いと思います。上質なリフォームをおこなおうと思えば、検討する要素はたくさんありますが、今回はデザイン性だけでなく、耐久性メンテナンス性も求められる「水まわりの床材」について考えてみたいと思います。

一般的な床材として知られているのが「クッションフロア」です。塩化ビニル製のクッションフロアは、弾力があるのが特徴です。また耐久性とメンテナンス性が高く、水や油汚れに強いというメリットもあります。特にトイレの場合は〝失敗〟がつきものですので、クッションフロアがおすすめです。

より上質な質感をお求めの場合は、「フロアタイル」をおすすめいたします。石目柄や木目柄は、とてもリアルに再現されていますので、空間の雰囲気を上げてくれます。またフロアタイルはクッションフロアよりも硬さがあるためキズが付きにくいというのも特徴です。

また木のフローリングは風合いが美しいですが、水に弱いというデメリットがありますので、水まわりの床材としてはあまりおすすめできません。見た目のよさだけでなく、用途や目的に合わせて建材を選ばれるとよいと思います。

※画像はサンゲツのホームページから引用

一覧へ戻る