配管更新工事のすすめ | アールツーホーム
  • 内装
2017/6/7

配管更新工事のすすめ

こんにちは

アールツーホーム江東店です。

本日はお家の水道管のお話しです。

築年数15年以上くらいのマンションでは水道管は

鉄の管や銅の管を使用しておりました。

鉄や銅の管は年数が経つと錆びてしまい配管が折れてしまい漏水が起こる

原因となってしまいます。

現在では配管には上記のような理由から鉄や銅の管を使用せず

架橋ポリエチレン管と呼ばれる樹脂のホースを使用しています。

樹脂のホースなので劣化して錆びることもなく、ホース状なので

揺れや動きで折れてしまうこともありません!

今回は築35年ほど経過し漏水の心配のあるお客様の所で水廻りの交換と一緒に

配管の更新工事を行わせていただきました事例を紹介させていただきます。

フルスケルトンの工事ではないため水廻りの解体工事を行い、

ところどころの床に配管の交換ができるよう穴をあけていきます。

image4

現在の配管はだいぶ錆びてしまっていました。

既存給水管

穴をあけたところから配管を交換していきます。

image6

image7

image8

この後穴をふさいで内装を仕上げて完了となります。

image12

水廻りの交換時に配管も交換しておくと安心ですね!

ご興味のある方はぜひ弊社までお声かけください。

一覧へ戻る