半スケルトンリフォーム工事事例 | アールツーホーム
  • 内装
  • マンションリフォーム
2016/12/19

半スケルトンリフォーム工事事例

こんにちは!

MINATOです。

今年も残り2週間になりました。

現在工事中の現場ももうひと踏ん張り!

年内予定通りお引渡しを致しまして

スッキリとした気持ちで来年を迎えたいですね。

あ、私の希望です。

さて、今回は「半スケルトンリフォーム工事」の現場を

ご紹介させて頂きます。

そもそも「半スケルトンリフォーム工事」とは?

読んで字の如く

「半分位スケルトンにするリフォーム工事」なのです 笑

「フルスケルトンリフォーム工事」と比較すると

当然ながら費用を抑えることができまして、

また工期も短く済むのです。

但し、「既存を残す」というところで

既存の状態によっては仕上がりへの影響、

また既存に合わせて新しい下地を組んでいきますので、

フルスケルトンリフォーム工事より複雑で、

現場管理が難しいというデメリットがあります。

現場管理が難しいというのは私共目線での

デメリットですが…

今回、私が現場管理させて頂きました現場は

床と天井の下地(骨組み)を残し、

間仕切り壁&設備を新たに設置する

「半スケルトンリフォーム工事」になります。

解体工事ではこれからの工事を見通し、

解体するところ、解体しないところ

いつも以上に細かく指示出ししてゆきます。

s-IMG_1894

s-IMG_1949

s-IMG_1946

解体中~解体後の様子です。

また今回の工事で室内の既存給排水管を全て撤去致しまして

新たな間取りに合わせて

新しい配管を配置していきます。

s-IMG_1959

s-IMG_1961

給排水管の更新が完了しましたら順次床の

下地を組み直していきます。

というところで今回はここまでです。

次回もご覧くださいませ。

一覧へ戻る