断熱窓で、暮らしが変わる | アールツーホーム
  • 内装
2016/10/2

断熱窓で、暮らしが変わる

皆さんの住まいに関するお悩み事は何ですか?

住まいの悩みランキングとして、

C

1位 暑い

2位 寒い(お風呂や隙間風を含む)

3位 結露

といった内容が挙げられています。

実はお悩みの上位がほとんど窓に関係する内容なのです!

従来の家ではアルミサッシ・単板ガラスというのが主流でしたが
最近は樹脂でできたサッシや、二重、三重になった複層ガラスというものが
出てきており、
窓の断熱には樹脂窓・複層ガラスが有効といわれています。

断熱

こちらはアルミサッシ・複層ガラスの場合ですが
夏は窓から74%の熱が流入し、冬は窓から52%もの熱が流出します。
上記の悩みを解決する方法として、いちばん重要かつ簡単なのは

「窓・開口部」の断熱なのです!!

浴室に関しては、

室内初期温度28℃、外気温を0℃とし、約20分間おいてみると

アルミ枠・単板ガラスは11.3℃
樹脂枠・Low-E複層ガラスは24.5℃

という結果になりました。
樹脂枠・Low-E複層ガラスの方は-3.5℃で抑えることができます。

浴室のヒートショック対策には、窓の断熱化が有効なのです。

他にも、 年間光熱費がアルミサッシの窓に比べて
樹脂窓の方が抑えられたりと、メリットがたくさんな【断熱化】
ポイントは「フレームの樹脂化」と「ガラスの二重化」です。

樹脂はアルミの1000倍熱を伝えにくく、
複層ガラスの断熱効果は単板ガラスの約2倍といわれています。

樹脂フレームの複層ガラスにすることによって、家全体の快適性をアップさせることができるのです。

これまで窓のリフォームは

外壁を壊す必要があったりと大がかりな工事でしたが、

かんたん施工(既存の枠の上から新しい枠を取り付けるカバー工房)で約2時間~半日で工事をすることもできますので、

気になる方、寒さ暑さや結露等でお困りの方は是非窓のリフォームをお勧めします。

ご相談は是非、アールツーホーム品川店へ♪

一覧へ戻る