外壁のお話 その① コーキング打ち替え編 | アールツーホーム
  • 外回り
2016/4/8

外壁のお話 その① コーキング打ち替え編

こんにちはYAMAです。

陽気が春めいてきましたが、

あっという間に梅雨の時期がやってきます。

今回は、梅雨の時期に気になる、外壁に関するお話です。

外壁の塗り替え等を行う際、通常、二つの理由があると思います。

一つは、外壁を綺麗に塗り替えて、意匠を変えること

もう一つは、外壁の性能を長持ちさせるためのメンテナンスです。

コーキングの打ち替えは外壁のメンテナンスとして行います。

IMG_1764

↑外壁のパネルとパネルの間の溝をコーキングと呼びます。

コーキングは、外壁と外壁のつなぎ目に、

雨水や湿気が入り込まないように、打たれたシリコン性の防水材です。

ダウンロード (2)

打ちたては柔らかいですが、一日程置くと堅くなります。

普段は、雨水や外気を遮断してくれますが、シリコンのため

10年程で堅くなり、クラック等が入ってしまい、漏水や柱の腐食に繋がります。

通常、外壁塗り替えの際に一緒にコーキングの打ち替えも行います。

IMG_8121

IMG_7770

屋根の下や、雨どいの金具の部分もきちんとコーキングをうち替えます。

IMG_1317

これから梅雨の時期に入り、雨漏りのリスクが高くなります。

コーキングだけでも、家の周りをぐるっと一周してみて

ひび割れや、隙間が無いかご確認してみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る