築50年マンションリフォーム その② | アールツーホーム
  • マンションリフォーム
2016/3/28

築50年マンションリフォーム その②

こんにちは!

今回は「築50年マンションリフォーム その②」ということで

前回(3/7)投稿のブログに引続き工事の様子をご紹介させて頂きます。

給排水管作業の完了後は床工事になります。

今回は「置き床工法」という施工方法で

床を組んでいきます。

ところで「置き床工法」とは...

コンクリート床の上にパーティクルボードとそれを支えるクッションゴムの付いた支持ボルトなどの

支持脚によって床下を構成し、その上に仕上げ材を施工する方法なのです!

キャプチャ

近年では多くのマンションにこの工法が

使用されています。

メリットとしましては

  • 床下に空気層を設けられるため保温性に優れている
  • 施工性に優れている
  • 床下に空間を設けられる為、給排管を通すことができる
  • 遮音性能が高い    などなどです。

床の下地組み作業、また壁・天井への

石膏ボード張り作業が完了しましたら、

いよいよ仕上げの作業に入ります。

仕上げの作業工程はざっくり

①クロス(壁紙)貼り作業→ ②フローリング張り作業→ ③設備機器の設置作業

の順番です。

職人さんや監督によって仕上げの工程(順番)はまちまちです。

IMG_0003

こちらは①クロス貼り作業前のパテ(下地処理)の様子です。

石膏ボードのジョイントやビス穴を

全てパテで埋めていきます。

IMG_0002

クロスの仕上がりを左右する非常に大切な作業です。

ちなみにクロスの施工価格は¥1,200-/㎡

内訳:〈施工(剥がし+パテ打ち+クロス貼り)手間代〉 + 〈普及品クロス材料代〉 になります。

更にちなみにで

〈床面積(専有面積)〉× 3.5 =〈概算の壁.天井面積〉になります。

と今回はここまでにさせて頂きます。

次回は「その③完成現場」になります。

それでは次回もよろしくお願いします~

一覧へ戻る