スケルトンリフォーム 〜計画編①〜 | アールツーホーム
  • マンションリフォーム
2016/2/2

スケルトンリフォーム 〜計画編①〜

おっ!

2016年始まりました!

なんて思いきや、なにっ!もう2月!!!

少しづつ春の香りも・・・ってまだかな〜

春より夏。でも春にはサクラ!

新緑に満開のサクラ サクラ サクラ。

想像しただけで気分も咲きますね〜

でもでも秋は紅葉。何とも言えない山の色。

ん〜冬はお正月で餅食べられるしな〜

や〜いいですね四季のる日本!

なんて事ばかり思っている アールツーホーム大田店ディレクター OOTAです。

今回からは、リフォームの中でも大規模なスケルトンリフォーム、

しかもマンションフォーカスしてお伝えしたいと思います。

えっ!? スケルトンリフォーム???

なんて時はお任せください。

↓ ↓ ↓ 前回の記事をリンクしておりきますね ↓ ↓ ↓

スケルトンリフォームって何???

リフォームの中でも大規模なスケルトンリフォーム。

何でもそうですが、まずは“計画”です。

特に今回からフォーカスするマンションスケルトンリフォームの場合、

戸建とは少し違った計画も必要です。

建築基準法でもマンション(共同住宅)は特殊建築物に分類されます。

計画も特殊なんですね。

マンション(共同住宅)の場合、その多くは建物の維持管理など

管理組合によって管理・運営されています。

マンションは共同住宅ですから、敷地・建物は

パブリックスペース(共用部分)とプライベートスペース(専有部分)に分かれています。

リフォームはプライベートスペース(専有部分)です。

しかし、パブリックスペース(共用部分)である共用廊下やエレベーターなども

使わせてもらわなければリフォームはできませんね。

そのため多くの管理組合ではリフォーム着工前に申請書の届け出を管理規約で定めています。

通常ですとリフォーム着工2週間前の提出が一般的です。

 ※管理組合によって異なります。必ず管理組合への確認をお願いします。

同時にリフォーム着工前には近隣にお住まいのみなさんにお知らせも重要です。

マンションで大規模なリフォームの場合、リフォーム着工までに

ある程度の期間が必要ということです。

例えば中古マンションを購入して、大規模なスケルトンリフォーム後に引越をする場合、

工事期間+αが必要ですから、引越日の設定などは余裕を持つ事が重要ですね。

えっ!? なんだか面倒だなぁ〜

なんて思いましたか???

大丈夫です!

工事申請(代行)から近隣挨拶など、アールツーホームが責任もって行います。

安心してアールツーホームにお任せください!

今回は、マンション(共同住宅)での大規模なスケルトンリフォームに必要不可欠なことを

計画編①としてお伝えしました。

次回は、計画編②として次なるステップです!

一覧へ戻る