トイレの床の張り替えリフォーム費用|おすすめの床材は? | アールツーホーム
  • 内装
  • トイレ
  • マンションリフォーム
2022/11/13

トイレの床の張り替えリフォーム費用|おすすめの床材は?

こんにちは。

R2HOME江東店のブログ担当です。

本日はトイレの床のリフォームについて、価格帯や選び方をご紹介いたします。

トイレの床の選択肢

トイレの床は一般的に寿命が10年程といわれています。

毎日使う場所ですので、清掃性の良さ

アンモニアの汚れに対する耐久性と耐水性の高さ

ご自宅全体とのデザインのつながりなど。

これらのポイントを考えたときそれぞれが優位な材質をご紹介いたします。

①クッションフロア

◎清掃性の良さ

クッションフロアは継ぎ目を作らず貼るものですので、日々のお手入れも比較的しやすいです。

また本日ご紹介するものの中では、手の出しやすい安価なものですので価格重視でご検討され

る方やトイレ本体のみの交換にするのか迷っている方にはクッションフロアをおすすめ致します。

②フロアタイル

◎耐久性と耐水性

耐久性や耐水性を重視する場合にはフロアタイルというクッションフロアよりも固い素材がおすすめです。

フロアタイルは丈夫な上に手入れがしやすいもののひとつです。

価格はクッションフロアよりもかかりますが、デザインが多く内装にこだわりたいとお考えの

方もお気に入りが見つかるかと思います。

③フローリング

◎デザインの統一感

廊下との繋がりを持たせたいのであれば、フローリングも施工可能です。

しかし木材ですので耐水性は上記ふたつよりも弱いです。

水やアンモニア、清掃時の洗剤が付着することで腐食しやすいので管理に注意が必要な材料です。

ご希望の場合には、フローリングの中でも耐水性・耐久性のあるものを検討されると良いかと思います。

施工にかかる費用

材質により使える床材がいくつかあるのはお分かり頂けましたでしょうか。

そこで気になるのは、商品ごとで工事費用が異なるのか?というところかと存じます。

結論から申し上げますと、基本的に施工にかかる費用は同じです。

どの商材でも、トイレのみですと3~5万ほどの金額となります。(1日で工事完了する場合)

ですので、費用に関してはその材質を選ぶかで変わってきます。

同じ材質でも範囲やどの商品かによって値段の変動はございますのでここでの記載は控えさせていただきます。

ご自宅のトイレ工事を検討されている方や気になった材質の価格感を詳しく聞きたいというかたは

ぜひ下記URLよりご相談ください。

見積書提出までは、無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

>>資料請求・お問い合わせはこちらから<<

一覧へ戻る