猫と暮らすリフォーム・リノベーション|事例アイデア、おすすめ素材の紹介 | アールツーホーム
  • 内装
  • バリアフリー
  • 戸建てリフォーム
  • マンションリフォーム
  • 居室
  • その他
2022/10/15

猫と暮らすリフォーム・リノベーション|事例アイデア、おすすめ素材の紹介

こんにちは!

みなさん、突然ですが『猫』はお好きですか?

身近なペットとして親しまれていますが、『大事な家族の一員』という方も

多いのではないでしょうか。

今回はそんな『猫と人が快適に暮らせる家』のリフォームアイデアをご紹介いたします!

〈1〉リフォーム×猫 キャットステップ

キャットステップとは、高い場所まで上がっていくための足場です。

高い位置まで移動できるように低い位置からまんべんなく壁際に配置するのがポイントです。

ステップにも角ばったものや丸いもの、階段状になった本棚など様々な種類がありますので、

内装やインテリアに合わせてお選びください。

〈2〉リフォーム×猫 キャットウォーク

キャットウォークとは、高所にある猫の通り道のことです。

もともと高いところが好きな習性がありますが、運動不足の改善やストレス解消にも役立ちます。

★足場を透明のアクリル板を使用して、下から猫の遊ぶ姿を眺めることができる仕様も

造作可能です!

〈3〉リフォーム×猫 ペットドア

ドアの下部に開口があり、小型・中型のペットが自由に出入りできる仕様になっています。

ペットに配慮したバリアフリーの造りです。

〈4〉リフォーム×猫 壁紙を傷から守る腰壁

猫の特性で爪とぎがあります。

壁や高い場所で爪とぎを好む猫が多い為、壁がぼろぼろになることもしばしば。

腰高くらいの位置までエコカラットやフロアタイルなどの、

壁紙より固い建材を貼ることで壁をきれいに保つ施工もおすすめです!

〈5〉リフォーム×猫 ペットの足腰を守る床選び

床が固かったり滑りやすい素材だと着地の反動が強くなったり、

思ったように勢いを止められないことがあり足腰への負担が大きくなります。

柔らかいフローリングやクッションフロアを使うことで、足腰への負担を軽減することができます。

また、部屋全体を暖められる床暖房はペットの毛が舞いづらい、

火傷の危険性がないというメリットがある為、フローリングと合わせて検討頂くのも良いです。

いかがでしたでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございます。

『猫と人が快適に暮らせる家』のリフォームにあたり、

清掃性やメンテナンス性を考慮して高さや位置を検討して頂くことをおすすめいたします。

まずは少しでもご検討されてましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご来店にてご相談をご希望の方はこちらから

オンライン相談をご希望の方はこちらから

一覧へ戻る