おうち診断 | アールツーホーム
    2020/5/7

    おうち診断

    皆様 こんにちはアールツーホーム白金高輪店です。

    突然ですが、知っていますか?

    日本の住まいの5軒に1軒は

    『床下にシロアリがいる!』と言われているんです。

    こんな話があります。

    1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。

    M7.3の地震によって約6,000人もの尊い命が奪われ、

    約20万戸の建築物が全半壊する被害を受けました。

    兵庫県警の発表によると、この震災によって亡くなられた方の8割以上が

    住宅の倒壊による圧死とされているそうです。

    なぜこのような事が起きてしまうのか?

    専門家による様々な調査が行われていた中で、

    いくつかの要件のひとつに

    『シロアリ・腐朽などによる生物劣化』が挙げられます。

    日本建築学会近畿支部による調査によると

    シロアリの被害に遭っていない家の倒壊率が 40% であるのに対し

    シロアリの被害に遭っていた家の倒壊率は 80% にも及んだ事が発表されました。

    bug_shiroari

    この震災をきっかけに建築基準法が改定され、

    耐震基準もより厳しくなりました。

    巨大地震を想定した住宅性能に注目が集まる中

    盲点とされているのが シロアリ による食害です。

    耐震性も構造材である木材が健康であってこそ意味があります。

    そのためにも、最適な木材劣化対策が不可欠なのです。

    あなたのお住いのおうちは大丈夫ですか?

    一般的に防蟻対策の保証期間は5~10年です。

    保証が切れた翌年からシロアリの被害は・・・・・

    そうならないためにも定期的なおうちの診断が必要です。

    おうち診断って・・・?

    よく見かける光景といえば!

    家の周りに仮設足場を組んで、

    外壁のペンキ工事や屋根葺き替え工事をしているのって

    見掛けたりしますよね!

    これは、おうちの外装のメンテナンスです。

    普段見えないところを足場を掛けることで

    確認が出来て、且つ必要に応じた処置が出来ます。

    ただ、工事期間中はシートを掛けることから日照が悪くなったり

    天日干しに制限があったりと、

    2~3週間は辛抱が必要になります。

    penki_tosou_man

    床下工事(防蟻工事)の場合は

    実際に床下に入って床下の床組や基礎・土台の状況確認をします。

    もし被害が確認できた場合は、適切な補修(補強)工事をします。

    調査時間は1時間程度で完了します。

    床下には1階部分の点検口や収納庫・和室から入ります。

    床下工事(防蟻工事)の作業は2~3時間で終了します。

    長く住む家にはこのような診断・調査・工事をしておくと安心です。

    今回は床下のおうち診断を紹介します。

    弊社が提案している工事は

    『ボロンDEガード工法』

    ホウ酸を使った、防腐・防蟻処理です。

    なぜホウ酸なの・・・・?

    理由は、安心安全、シックハウス症候群も起こさない

    人・環境にやさしい自然素材なんです。

    鉱物由来のホウ酸は、揮発・分解することがなく効果が低下しません。

    揮発しないから空気も汚さず、赤ちゃんやペットがいるご家庭でも

    安心です。

    これを読んで気になった方は!

    一度床下の点検調査をしてみてはいかがでしょうか?

    そんな時は是非弊社へご相談ください。

    【お問合せページ】

    【チェック】

    心当たりの症状はありませんか?

    □ドアがスムーズに開閉しない

    □床がブカブカしたように感じる

    □室内が湿気っぽく、窓に結露がたまりやすい

    □敷地内や近隣に川・池・井戸がある

    □近所でシロアリ被害が確認された

    □柱をたたくと中が空洞のような音がする

    白金高輪店 ライフスタイルディレクター

    大越 崇啓

    2級建築施工管理技士

    RISUTAはこちら
    https://r2home.tokyo/wp2022home.tokyo/lp/risuta/

    アールツーホーム

    弊社Homepage

    Facebook

    Instagram

    一覧へ戻る