築 60 年のキッチンリフォーム | アールツーホーム
  • キッチン
2015/8/20

築 60 年のキッチンリフォーム

本日は、先日工事を行わせていただきました。築60年木造戸建てのキッチンリフォームの様子をご紹介させていただきます。

お施主様は高齢になるお母様がお料理をされる際、ガスコンロで火を使われるのを非常に気にされておられました。さらに、現在使用中のキッチンも決して作業スペースが広いわけではなく、収納も狭く、使い勝手が良いわけではありません。高齢のお母様が安全にかつ、使いやすいキッチンを希望されていました。

既存のキッチン 何度か手を加えているとはいえ、年月を感じさせるキッチンでした。

キッチン解体後

旧ガス管ハプニングです!解体を進めていくとキッチン収納奥にやはり年代物のガス管が露出しておりました。このままでは、ガス管が邪魔になり、新しいキッチンを据え付ける事ができません。

ガス管切廻し 旧ガス管は現在も使われている管でしたので、潰してしまわず新しいキッチンの邪魔にならないよう、床下に埋設し直しました。

壁・床補修後 新しいキッチンを据え付ける準備が整いました。

キッチン据付後 古いタイル張りから、目地の無いキッチンパネルになり、お掃除のしやすさや格段に良くなります 両開き扉からスライド扉に変わり、無理な姿勢で 奥の物を取ることも無くなりますし、デッドスペースがほとんど無くなりますので、収納量も格段に増加するはずです。

IHコンロ・電子コンベック完全に火を使わず、安全に調理ができるよう、IHコンロ・電子コンベックを採用いたしました。夏場にガスコンロを使うとキッチン内がとても高温になりますが、IHコンロの場合、熱源が火ではありませんので、夏場でも快適に調理をする事ができますガスコンロ以上に安全装置が充実していますので、高齢のお母様でも安心して調理をする事ができます。

IHコンロの設置に関しては、諸条件がございますので、IHコンロの採用に関心をお持ちの方は、ぜひアールツーホームまでご相談ください

実例と共に、詳しくご案内をさせていただきます。

一覧へ戻る