~トクラスキッチンについて~ | アールツーホーム
  • キッチンリフォーム
2018/10/23

~トクラスキッチンについて~

弊社では多種多様なメーカーのキッチンを扱っておりますが、

お客様がよく迷われるのがワークトップをステンレス・人造大理石のどちらにするか、

扉のカラーをどうするかという点。

採用する仕様・カラーによってキッチン全体の印象が変わりますので、悩みどころですよね。

今回は人造大理石のワークトップで有名なトクラスに焦点を当ててみます。

トクラスは1976年に国内で初めて人造大理石カウンターのキッチンを発売しはじめ、

もう40年以上の歴史になります。

素材の人造大理石から自社で開発・自社成形をおこなっており、

カウンターとシンクに継ぎ目のない成型一体型のカウンター製造が特徴です。

▽カウンター製造過程の様子

bun2

この成型一体型構造により、衝撃や熱に強い丈夫なカウンターに仕上がります。

bun3

また、トラクスはもともとピアノで有名なヤマハから派生した会社で、

今でも扉のカラーにその高い塗装技術力を活かしたシリーズのものがあります。

下記の手塗りグレードは、熟練の技術者による手塗り塗装が特徴で、

一枚一枚丁寧に扉を仕上げています。

特にシャインカラーのシリーズにおいては、全114色のカラーが用意されており、

自分好みの色のキッチンを選ぶことができます。

bun4

▽シャインカラー 全114色

bun5

▽扉塗装の様子

bun6

職人の手によりひとつひとつ丁寧に作られていくキッチン。

作り手の想いを感じながら、キッチン選びをしてみるのもよいのではないでしょうか?

記事監修:キッチンスペシャリスト 冨田早紀

一覧へ戻る