【種類豊富なレンジフード(メーカー編)】 | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2021/3/17

【種類豊富なレンジフード(メーカー編)】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

レンジフードの種類や特徴をご紹介しております。ラストは各メーカーの製品についてです。

・洗エールレンジフード/クリナップ
ボタン1つで、フィルターとファンの油汚れをまるごと自動洗浄してくれるのが大きなポイント。わずらわしいレンジ掃除から解放されます。また外気をキレイにして取り込む装置がついているほか、お出かけの際には自動運転を開始して室内の暑い空気を排出してくれるという、うれしい機能もあります。

https://cleanup.jp/kitchen/centro/function/rangehood.shtml
※画像はクリナップのホームページより引用

・ほっとくリーンフード/パナソニック
センサーでコンロ上の調理物の温度を検知し、換気風量を自動で切り替えてくれます。メーカーによると、手動よりも約36%節電できるとのことです。またこちらのレンジフードも、内部の油汚れを自動でお掃除してくれます。また継ぎ目を最小限に抑えているため、フード本体のお手入れも簡単です。

https://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Range
※画像はパナソニックのホームページより引用

・サイクロンフード/トクラス
トクラスのサイクロンフードは、内部への油汚れの侵入を抑える「フロントキャッチ方式」を採用。小型フィルターが、油汚れをしっかり吸着してくれます。コンパクトなフィルターはシンクでも手早く洗えるほか、食洗機でも洗えて便利です。

https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/feature.html
※画像はトクラスのホームページより引用

3つのメーカーのレンジフードについてご紹介しました。詳しい情報はぜひメーカーのホームページをご参照ください。

一覧へ戻る