【種類豊富なレンジフード(ファン編)】 | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2021/3/15

【種類豊富なレンジフード(ファン編)】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

お料理のときに出る煙やニオイ、油などを外に追い出す換気扇ですが、現在ではレンジフードが主流となっています。そもそもレンジフードとは、換気扇がフードでおおわれているもの。より油煙(ゆえん)を取り込みやすく、キッチンやお部屋をきれいに保つのに役立ちます。

これから3回にわたり、レンジフードについてご紹介いたします。今回はファンの種類についてです。

<ファン>
・プロペラファン
扇風機の羽根のようなカタチで、昔ながらの換気扇によく見られるタイプです。プロペラファンは壁に直接取り付けることしかできないため、戸建てに適しています。価格が安いという特徴があります。

※画像はパナソニックのホームページより引用

・シロッコファン
ハムスターの回転車のような形のシロッコファン。ダクト内のように空気抵抗が大きくても安定して排気できるため、マンションなどで多く採用されています。各メーカーでオプションとして選べるレンジフードは、シロッコファンがほとんどです。

・ターボファン
羽根は後方に反ったカタチで付いていて、ターボファンもダクトからの風抵抗に強いのが特徴。ファンのなかでは、最も排気効率が良いとされています。

※画像はパナソニックのホームページより引用

いかがでしたでしょうか。次回はフードについてお伝えいたします。

一覧へ戻る