【ペットと暮らすために Vol.1 DOG編】 | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2020/9/15

【ペットと暮らすために Vol.1 DOG編】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

ペットと暮らされているご家庭は少なくないと思います。家族の一員であるペットにも快適な空間を実現してあげ、楽しく暮らしたい。そんなご要望にお応えすべく、何回かにわたって、ペットと暮らすためのリフォームについてお伝えいたします。今回ご紹介するのは、です。

お散歩帰りにさっと足を洗ったり、シャンプーをする際に便利なのが、ペット用の水栓柱です。リードフックが付いているタイプのものもありますので、落ち着いて洗うことができるでしょう。

また犬の足腰への負担を軽くするために、滑りにくいタイルを貼ってあげることも重要です。そうしたタイルはキズに強いものが多いため、ご家族にとっても安心です。

さらに体のちいさな犬の場合は空気の影響も受けやすいほか、化学物質などにも敏感で、様々な病気の原因になったり、性格に影響を与えることもあります。そのため化学物資の排出が少ない建材を使用することも大切です。

犬は飼い主さんと一緒に過ごすのを好みますが、常に一緒だと落ち着けないため、リビングから近い場所などに比較的狭い空間をつくってあげるのもオススメです。ドッグハウスのように屋根が付いているタイプだと、よりリラックスして過ごせるはずです。

また興奮してしまったときなどは気持ちを落ち着かせる場所として用意しておくと無駄吠えや分離不安など多くの飼い主さんがお悩みの犬の問題行動の対策にも有効です。

犬用の住宅設備はいろいろ充実してきていますので、アールツーホームならこのほかにもさまざまなご提案をすることが可能です。

※画像はイメージです

一覧へ戻る