【知ってて損はないリフォーム用語集 2重サッシとペアガラス】 | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2020/8/25

【知ってて損はないリフォーム用語集 2重サッシとペアガラス】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

リフォーム用語をご紹介しているこのシリーズ。今回は「2重サッシ」「ペアガラス」の違いについてお伝えいたします。どちらも一度は聞いたことがあると思いますが、実はこの2つ、結構違うんです。

まず2重サッシとは、すでにある窓枠の内側に新しく窓枠を設け、2重構造にすることを意味します。まさしく、サッシ(窓)が2重になっているということです。一方、ペアガラスとは、1つの窓で2枚ペアになっているガラスのことをいいます。つまり2重サッシとは外側の窓+内窓のことで、ペアガラスとはガラスが2枚のことを指すのです。

今度はそれぞれのメリットデメリットをみていきましょう。

<2重サッシ>
メリット
断熱性が高い
防音効果が高い
省エネ性能が高い

デメリット
内側に窓ができるので印象が変わる
外気を取り入れる際には窓を2つ開け閉めする必要がある
既存の窓の内側につけるので内部にさらに窓が出っぱってくる
施工する際には制限が出ることも

<ペアガラス>
メリット
使い勝手が変わらない
内観の印象が変わらない

デメリット
サッシ枠部分が金属製だと結露する可能性もあり
防音性は2重サッシより劣る

いかがでしたでしょうか。両者にはこうしたメリットとデメリットがあります。ちなみに、ペアガラスにもう1枚ガラスを足した3層構造のガラスもあり、防音性や断熱性はペアガラスよりも高いんです。

次回も知ってて損はない用語をお伝えしますので、お楽しみに。

一覧へ戻る