【台風シーズンに向けて備えておくべきこと】 | アールツーホーム
  • よくある質問・豆知識
2020/8/6

【台風シーズンに向けて備えておくべきこと】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

来月ともなれば、本格的な台風シーズンがやってきます。最近は台風の上陸回数が多かったり、勢力が強大化したりすることで、被害も大きくなっています。早めの対策で、無事に台風シーズンを乗り切りたいものです。そこで今回は、台風の前に備えておくべきことをお伝えいたします。

<事前対策>
外壁のチェック
「コーキング」と呼ばれる、外壁と外壁の間に埋められている樹脂材の硬さをチェックしましょう。本来は柔軟性があって水が染みないようになっていますが、硬いと亀裂が入る、断裂する可能性が高くなるなど、水が染み込みやすくなりますので注意が必要です。

<直前対策>
排水溝や雨どいをチェック
枯れ葉、ゴミなどが排水溝や雨どいに溜まると、雨水が流れなくなってしまいますので確認しましょう。

窓側に物を置かない
どんなに気密性の高い住宅でも、気圧の変化などによってサッシの下から雨が吹き上げてくることがあります。そのため、窓の近くには物を置かないようにします。

バルコニーやテラスに飛びそうなものがないかチェック
シャッターを閉める
窓ガラスをテープなどで養生する

いかがでしたでしょうか。前もって対策できること、台風の上陸直前に対策すべきことをご紹介しました。参考にしていただけますと幸いです。

一覧へ戻る