【〜天井には自然素材の壁紙を使用しています〜 店舗紹介:文京店】 | アールツーホーム
  • アールツーホームのこだわり
2020/2/26

【〜天井には自然素材の壁紙を使用しています〜 店舗紹介:文京店】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。今回は文京店をご紹介いたします。

当社の各店舗ではこだわりの素材をさまざまに使用しているのですが、文京店の天井には、「オガファーザー」という素材を使っています。オガファーザーは、ドイツの会社が生み出した自然素材の紙クロスで、ドイツ国内に広く普及しています。やわらかな質感が心地よく、ナチュラルやモダンなど幅広いデザインと相性がいいんです。

オガファーザーのなかでも「ウッドチップクロス」という商品は、新聞紙の再生紙と、木の製材時に出るおがくずを使ってつくられています。自然素材でできているので環境にやさしいだけでなく、透湿性が高いのが特徴です。一般的な塩ビクロスに比べ、約16倍の放湿性能があるため湿気が行き来しやすく、カビ発生のリスクを低減できます。

またオガファーザーは、一度張ると張り替える必要がないというのもポイントです。国内で生産される塩ビ系壁紙は年間約18万tあるともいわれていて、その用途は約7割が張り替えだそうです。張り替えがないという面からも、環境にやさしいといえるでしょう。

当店にお越しいただければ、いつでも実物のオガファーザーをご覧いただけます。

ぜひお気軽に足をお運びください!

7

一覧へ戻る