【伝統美とモダンの融合 江東区・Nさま邸】 | アールツーホーム
  • 施工事例
2019/7/18

【伝統美とモダンの融合 江東区・Nさま邸】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

今回は施工事例として、Nさま(江東区)のお宅をご紹介します。
あまり利用しておられなかった、Nさまのお宅の和室。使わないのはもったいないということで、リフォームすることになりました。「せっかくならみんなに自慢したくなるような、インパクトのある空間にしたい!」と白羽の矢が立ったのが、当社です。

和室は二間あり、壁で仕切られていました。「和室とはこうあらねばならない」という既成概念をなくし、どんな空間であれば使いやすいか、どんな雰囲気なら愛着が持てるかを考えていったのです

使いやすくするため壁を取り払い、広く使えるようにプランニング。また新しいものを取り入れつつ、伝統のもの、古いものも残すことも意識しました。

床柱や長押(なげし=柱から柱へ渡して壁に取り付ける横木)は以前のものを活かしつつ、変わり組み障子(=組子をタテ・ヨコ・ナナメなどさまざまなカタチに組んで模様をあしらった障子)を採用。また障子には赤い色を挿したり、床の間にタイル材やフローリング材を用いたりと、伝統とモダンを融合させた新鮮味のある和室が誕生しました
Nさまにも、大変気に入っていただいています。

一覧へ戻る