【リフォームとリノベーションの違い】 | アールツーホーム
2019/3/12

【リフォームとリノベーションの違い】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

みなさんのなかには、「リフォームとリノベーションってどう違うの?」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、2つの違いについて考えてみます。

そもそもリフォームとリノベーションには、明確な定義がありません。ですが、一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会では、次のように分類しています。

リフォーム=原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処
リノベーション=機能、価値の再生のための改修、包括的な改修

一般的に、トイレやキッチンなど一部分を改修するのがリフォーム、間取りや配管なども含め家全体の改修することをリノベーションと捉えられています。リフォームは安価で短納期というメリットがある反面、間取りを自由に変更できないなどのデメリットがあります。
それに対しリノベーションは自由に設計できるものの、工事費用の増大や工事の長期化などがデメリットとして挙げられます。

もちろん、アールツーホームはリフォームにもリノベーションにも対応可能。どちらがよいか迷っている際には、ぜひ私たちにご相談ください!

※画像はイメージです

記事監修:二級建築士 越川一人

一覧へ戻る