オーダーミラーのすすめ | アールツーホーム
  • 内装
2018/7/14

オーダーミラーのすすめ

お出かけ前に、靴を履いた状態で、足先から頭まで、

ファッションチェックをしてからお出かけしたくありませんか?

また、少しでも玄関を広く感じさせたくありませんか?

そんなご要望が増えてきており、

玄関に姿見ミラーを設置したいとのご相談が増えております。

もちろん、家具屋さんや通販サイトでも姿見ミラーを

購入することができますが、市販の姿見【ミラー】は

スタンド式だったり、壁に立掛けたりと、

設置安定性の不安と、場所を取られてしまうことが懸念されます。

また壁にフックを取り付けて、そのフックに姿見【ミラー】を

引掛けるタイプの物もありますが、

取付強度や、取付ける位置に不安を感じている方もおられます。

オーダーミラーであれば、サイズは当然ながら

デザイン・設置方法まで細かくご要望に応えることが可能です。

160㎝の方は、鏡のサイズが最低170㎝くらいないと

全身をくまなく見れないのではないかと心配されますが、

実際は、全身をチェックするためには、

最低、ご自身の身長の1/2の長さがあれば、全身を見ることができます。

四方磨きミラー:【最も一般的】

cimg1608

4方面取りミラー:

ダウンロード (1)

四方フロストミラー:【周りだけ乳白加工】

images

外周部タイル囲い:

images (1)

取付設置方法は、壁圧着固定を強くおススメいたします。

ビス固定ですと、受金具が見えてきてしまいますし、

フック引掛けですと、地震の際に大きく揺れてしまいます。

スタンド式ですと、場所を取りますし安定性に欠けます。

壁圧着固定は、ミラーマット・専用ボンド・両面テープを併用し、

既存の壁に隙間なく全面固定してしまいます。

新たに場所も取りませんし、

地震が来ても倒れてくる心配がありません。

ミラーの厚みは最低5mmを確保しましょう。

それ以下の厚みですと、ちょっとミラーから離れると

ミラーに映ったものがとても歪んで見えてしまいます。

玄関に姿見の設置をご検討の方はぜひ、

アールツーホーム白金高輪店へご相談ください。

一覧へ戻る