塗装用壁紙をご存知ですか? | アールツーホーム
  • 内装
2018/2/26

塗装用壁紙をご存知ですか?

港区のお客様は、インテリアに対する意識が非常に高く、

ご要望いただく趣味・趣向も非常に多岐に渡ります。

顕著な一例としましては、お部屋の天井・壁の仕上は、

一般的には壁紙【クロス】を使用しますが、

塗装で仕上を希望される方も非常に増えてきております。

リフォームで塗装をする場合、元々貼ってある壁紙【クロス】を剥がしてから

塗装するに堪えうるレベルまで、壁紙の裏紙を完全に剥がしたり、

パテ処理を施したりと、ある程度下地をしっかりと整えないといけないのですが、

それでもやっぱり、新規の壁に塗装するのと比較して、

壁面の微妙な凹凸が目立ってきてしまいます。

そこでおススメなのが、「塗装用下地クロス」

いくつか製品はありますが、代表的な製品としては「ルナファーザー」があります。

images

自然素材の持つ通気性や透湿性に優れ、結露やカビの発生を抑えます。

既存壁面の微妙な凹凸もある程度緩和し、

優しく居心地よい風合いに塗装面が仕上がります。

s900x650_2018_02_19_17_17_34_137_0

「ルナファーザー」は一般的な壁紙【クロス】のように貼っていきます。

パターンと塗装色との組み合わせにより、 お部屋のバリエーションは自由自在。

52

ウッドチップの入ったラインナップもあります。

s900x650_2018_02_24_14_28_15_231_0

壁紙【クロス】には出せない、独特の優しい風合いが魅力です。

そのままで7~8回程度の塗り重ねが可能で、長期間にわたりごみを出さず、

メンテナンスが可能です。

お部屋のリフォームをされる際、ぜひ「塗装下地壁紙」+「塗装」

仕上げをご検討ください!!

一覧へ戻る