省エネのすすめ① | アールツーホーム
  • ティーブレイク
2017/11/12

省エネのすすめ①

こんにちは!

ハロウィンも終わり、いよいよ11月、今年も残すところ1ヶ月半となりましたね。

これから本格的に寒くなってくると、エアコン・床暖房・こたつなど、多くのエネルギーを消費し、

電気代が1年で1番かかってきますよね…。

そこで本日は、お手軽に省エネできる方法をご紹介します!

①照明器具

Tsurutama511A008_TP_V

照明器具は、スイッチを入れた瞬間に多くの電力が流れますが、その時間はごくわずかで

電気代に影響する程ではないため、不要なときは短時間でも消灯した方が省エネです。

白熱電球や蛍光ランプをLED照明に交換することも省エネにつながります。

→LED電球の消費電力は白熱電球の1/4~1/6です。

LED電球は、白熱電球や電球型蛍光灯よりも高価ですが、電気代と電球代の合計で比較すると、

白熱電球→LED電球に交換・・・約7か月後にコストが逆転

電球型蛍光灯ランプ→LED電球・・・約25ヶ月後のコストが逆転

LED電球は寿命も長いため(約40,000時間)、交換後、長期的な目で見ると省エネにつながりますよ。

②エアコン

publicdomainq-0003244mlw

エアコンは、ヒートポンプにより冷媒を使って、暖房は外気から熱を取り込んで室内に、

冷房は室内の空気から熱を取り込んで室外へ移動させることで、室内を暖めたり冷やしたりしています。

このような仕組みから、エアコンは、室内機や室外機での給気や排気をスムーズに行えるようにすることが

効率向上につながります。

具体的には、1.室内機のフィルターを月に2回程掃する2.室外機の周囲にはものを置かない等が

挙げられます。

暖かい空気は上昇するため、エアコンの羽の向きは、冷房時は上向き・水平暖房時は下向きにすると

効率よく室内を冷暖房できます。

今回は、照明・エアコンの省エネ方法についてお伝えさせていただきました。

今後も、ご自宅で簡単に実践できる省エネ方法をご紹介させていただきます。

お住まいに関するご相談は、ぜひアールツーホームへ!

一覧へ戻る