築50年マンションリフォーム | アールツーホーム
  • マンションリフォーム
2016/3/7

築50年マンションリフォーム

こんにちは!

今回は築50年のマンション〈フルスケルトンリフォーム〉ということで

工事の様子をご紹介させて頂きます。

場所は港区の南青山。

表参道通りのすぐ近くです。オシャレでいい場所ですね~

周りもオシャレなお店ばかりです。

s-IMG_3704

s-IMG_3720

お部屋の半分以上がマンション建設当初のままとなっており、

築50年の深みと言いますか、歴史といいますか…そんな状態でした。

お部屋の内部下地まで全て解体、

スケルトン(コンクリート躯体)の状態まで解体しまして、

給排水管から電気線まで全て更新です。

もちろん壁や天井、床の下地も全て更新です。

解体工事ではやはりすごい騒音と振動が生じてしまいまして…

各マンション居住者様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

特に大規模なリフォーム工事となりますと居住者様のご協力なしでは

難しいものですね。

心より感謝です。

KIMG0359

KIMG0365

壁や天井の下地は軽量鉄骨を使用させて

頂きました。

壁と天井、同じ部材に見えますが、

壁は「スタッド」、天井は「ランナー」と

呼び方も使用方法(もっと言えばサイズとか形とか…)が全然違います。

呼び名の通り軽くて

従来木下地より施工スピードが断然早く、

且つ工事費用も安く抑えることが出来ます。

KIMG0411

青色の管が給水管.赤色の管が給湯管です。

ポリブデン管という樹脂の給水管になりまして

耐摩耗性.耐衝撃性に優れています。

昔は銅管や鉄管がメインでしたが

最近のリフォーム工事では、ほとんどポリブデン管が使用されています。

と今回はここまでにさせて頂きます。

引続き次回もよろしくお願い致します!

一覧へ戻る