オンライン学習、在宅ワークでお悩みの方へのご提案 | アールツーホーム
  • マンションリフォーム
  • 収納
  • その他
2020/5/21

オンライン学習、在宅ワークでお悩みの方へのご提案

新型コロナウイルスへの対策と、それに伴う緊急事態宣言の発出に伴い、在宅でのお仕事を余儀なくされていらっしゃる方も多いかと思います。

また全国的に学校が休校となり、今後はお子様も在宅でのオンライン学習の機会が増えるのではないかと思います。

1887890

実際に在宅学習、ワークをしてみると、様々な不自由を感じられる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなお悩みを解決する方法をご提案させて頂きます。

そんな中でも、一番のお悩みは「オンオフの切り替えがしずらい」。

確かに、お家は普段はリラックスするオフの場所で、勉強や仕事へのオンへの切り替えをすることは難しいかもしれません。

・対策としては

空間を「仕事スペース」として区切る

衝立や、ロールスクリーン等でも空間を仕切ることにより、オン・オフの切り替えが出来ます。ご家族にも、スペースに入っている間は「勉強時間、仕事時間」と伝わるため、ご配慮いただけるのではないでしょうか?

ごく簡易的には、床にマスキングテープ等を貼って区切るだけでも、勉強、仕事モードへの切り替えができるとのことですが・・・。

間仕切りを設置して、空間がつながっている緩やかに仕切られた専用スペースを作れば仕事や勉強もはかどりますね。

間仕切りに室内窓を設置して、仕切られているが空間的につながりのある空間も素敵ですね。お子さんの様子も室内窓から確認できます。

室内窓

2番目に多いお悩みとして、「作業できるデスクスペースがない」等のお悩みもお伺いします。

ダイニングテーブルで仕事しているが、普段食事をしている場所だとなかなか仕事しづらい、ご家族と共用になるため、集中できないというお悩みです。

対策としては

・在宅ワーク用カウンターの設置

ダイニングテーブルで作業するという方もいらっしゃるかと思いますが、

少しのスペースでも作業できるように、作業用カウンターの設置、

書類等を効率よく収納できる様に棚を設置するなどのご提案をさせて頂きます。

カウンターデスク

他にも「WEB授業、会議中に家族の声や姿が写り込んでしまう」というお悩みも伺います。

本当は専用のお部屋を設けられれば良いのですが、スペースには限りがあります。

そんな時に、簡易個室はいかがでしょうか?

OTONA基地

1畳程度のスペースに、デスク、クローゼット、収納機能を集中させた紙製の間仕切り材を使用した

簡易個室「OTONA基地」をご紹介させて頂きます。

特殊加工した段ボール製で、非常に強く、質感も良くなっています。

引戸を閉めれば、ほぼ個室環境を手に入れることが出来ます。

ヘッドセット等を利用すれば、WEB打合せも問題なく行えそうですね。

OTONA基地2

今後新型コロナウイルスの影響が落ち着いて、緊急事態宣言が解除された後も

「働き方改革」の一環として需要が増えるであろう「在宅ワーク」「テレワーク」。

この際ですので、今のうちに環境を整え、備えてはいかがでしょうか?

https://r2home.tokyo/wp2022home.tokyo/cabin-renovation/ietore-021/

お悩みのご相談、プラン、見積は無料にて承っております。

また、WEB打合せも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

江東店

鈴木大智

(二級建築施工管理技士)

【お問合せはこちら】

【アールツーホーム】

ホームページ

Facebook

Instagram

随時更新しています。

一覧へ戻る