工事現場での新型コロナウイルスの対策について | アールツーホーム
  • その他
2020/4/10

工事現場での新型コロナウイルスの対策について

毎日目まぐるしく情勢が変わっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言が発出されまして、休業という判断をさせて頂きました。

4月11日(土)からは、再開の予定です。

先行き不透明なところはありますが、工事現場に対する対応をお知らせいたします。

いろいろなところで目にしますが、再度新型コロナウイルスに対する対策についてまとめますと

・手洗い

お出かけした後や飲食の前は、どこでウイルスが付着しているかわからないため、必ず手洗いをしましょう。

・咳エチケット

咳やくしゃみで飛散するということが分かっています。

潜在的な保菌者であることも考えられますので、マスクを着用して飛散しない様に対策しましょう。

・アルコール消毒

新型コロナウイルスはアルコール消毒が有効であるエンベロープウィルスであることが分かっています。

手指の消毒には消毒用アルコールを利用して、物の表面の消毒には、次亜塩素酸ナトリウムが効果を発揮するようです。

無題

次亜塩素酸ナトリウム液の作り方も掲載されていました。

無題3

厚労省省のリンクはこちら↓

感染防止対策チラシ

上記を踏まえたうえでの工事現場に入らせて頂く際の弊社の対応としましては、

・社員、協力会社職人の毎日の検温(37℃以上の場合は入場を禁止)

・現場に入る際はマスク着用

・現場毎と監督にアルコール除菌スプレーを持参させまして、消毒を実施しております。

MicrosoftTeams-image (9)

アルコール消毒剤入りアトマイザーを準備しました!

皆様も予防に気を付けて、これ以上の感染拡大を防ぎましょう!

一覧へ戻る