これから来る夏に向けて窓の断熱を | アールツーホーム
  • 内装
2019/5/16

これから来る夏に向けて窓の断熱を

こんにちは!

今回は内窓で断熱する際の窓“ガラス”ではなく

窓枠にフォーカスして

窓枠の素材の種類と効果について紹介したいと思います。

窓からの熱の流入出比率は、

冬よりも夏の方が高くなります。

index_sec01_fig01_pc

内窓のガラスの種類だけでなく

窓枠の素材も断熱には重要です!

窓枠の種類は主に3種類です。

  • アルミ

アルミ窓

スタンダードなアルミ製の窓枠で、

一部に樹脂を採用し、結露を抑えます。

  • 複合

複合窓

室外側はアルミで、室内側に樹脂を組合せた複合窓です。

樹脂が高い断熱性を発揮し、結露を防ぎます。

  • 樹脂

樹脂窓

熱伝導率の低い樹脂を採用し、

断熱性に優れ、結露が発生しにくいです。

そして、一般的な窓はアルミ製でできています。

なんと樹脂の断熱性能はアルミの1000倍ともいわれています!

20190117_1453_13_0484w301_h225_popup

窓枠を樹脂に変えることで熱を伝えにくくできます!

~樹脂窓の効果~

夏は日射しによって温められた

暑い空気が窓から室内に入ってきます。

窓の断熱性を高めると、暑い空気を伝えにくくするため

室内の温度上昇をおさえることができるため

省エネにも繋がります。

どんどん熱くなる夏に向けて

一つの対策としていかがでしょうか?

リフォームに関する些細なお悩みも

ぜひアールツーホームに

お気軽にご相談ください!!

最後にお知らせです

6月29日(土) 江東店にて

アロマの基本

アロマのワークショップがあります。

ナードアロマテラピー協会認定の

アロマアドバイザーをお呼びして

そこで今回は、虫よけ効果の高い香りを活用した

お肌にやさしいアロマ虫よけスプレーの作り方を

ご紹介します。

ぜひご参加ください!

最後までお読みいただき

ありがとうございました☆

一覧へ戻る