ManaTrading | アールツーホーム
  • 内装
2019/5/1

ManaTrading

01

やっと暖かくなってきましたが

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

本日はManaTradingさんの輸入壁紙のご紹介です。

海外製の輸入クロスはデザイン性が高く

インターネットで気軽に入手できることから

気になっている方も多いはず。

ただ、採用にあたりデメリットも多く

基本的に通常の職人さんは嫌がります。

理由としては

・粗悪品が多い

・薄いので下地処理にかなりの手間がかかる

・薄いので綺麗に仕上がりにくく、ジョイントも目立ちやすい

・巾がまちまちで、納期がかかることから必要数量も多くなる

・よって施工費も高くなり、工期もかかる

・クロス自体の単価も高い

といったことが挙げられます。

ただ、それでもデザイン性の高さに惹かれ

せめてリビングのアクセントだけでも、とのご依頼をいただくことも多く

今回はお施主様支給でマナトレーディングさんの

『Scion』から『Taimi』というシリーズのクロスを貼らせていただきました。

SC_Taimi_111122_L

scion

Studio Product Shots Studio Product Shots Studio Product Shots Studio Product Shots Studio Product Shots Studio Product Shots

やたら画像が大きくてすみません。

全6種類あるこのタイプ、今回は111123番を使用。

納期はおよそ1ヶ月を要しました。

で、実際に貼ってみた画像がこちら。

IMG_2323 IMG_2318

画像が暗いですが、

かわいい仕上がりに一同ビックリ

お施主様のご希望どおりのイメージに仕上がりました。

基本的にこちらからお勧めすることはないのですが

どうしても国産で気に入ったクロスがないという方、

(コストはかかりますが)

一度、インターネットで輸入クロスをご覧になってみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る