トイレの内装材選び | アールツーホーム
  • 内装
  • トイレ
2019/2/15

トイレの内装材選び

皆さま、こんにちは。

突然ですが、ご自宅のトイレの床、壁はどのような内装材をお使いですか?

今回はワンランク上のトイレの内装材についてお話ししたいと思います。

一般的にトイレのリフォームの際にご提案させて頂くのが

床はクッションフロアといわれる、やわらかく水に強い床材、

壁は塩ビのクロスがコストも抑えられ、拭き掃除もできるのでオススメしております。

しかし、トイレといえば「ニオイ」の気になる方が多いと思います。

実は、クッションフロアや塩ビクロスは目に見えない汚れがだんだんと蓄積して

ニオイや菌の原因となっているのです…

そこで!今回2つの内装材をご紹介しようと思います。

1つ目は『タイル』です。

タイルは表面がツルツルしているので、汚れている箇所が目視で確認でき、

拭き掃除もラクラクで、ニオイも付きにくい素材です。

見た目もオシャレになるのでトイレがより居心地の良い空間になりますね。

アールツーホーム品川店のトイレの床もタイルで出来ているので

ご興味のある方はぜひ、見に来てください!

↓【施工事例】アールツーホーム品川店

file-1

file-9

↑※ちなみに壁一面にはステンレスのパネル、

残りの面にはスイス漆喰のカルクウォールで仕上げてあるので

汚れにくく、調湿、脱臭の効果があります!

ぜひ、体験しにきてください。

2つ目は『ハイドロセラ』

ハイドロセラとは、TOTOが発売している陶器の内装材です。

陶器なので、汚れが染み込まず表面を拭くだけでさっとお掃除ができます。

さらに、ハイドロセラのすごいところが、光触媒!

光が当たると脱臭・抗菌作用が発生します!

トイレを使いながら、キレイにできちゃうなんて素敵ですよね。

最初にご紹介したタイルですと、どうしても目地の汚れが気になるという方は

少しコストがかかりますが、

『ハイドロセラ』がトイレ空間をきれいに保ってくれるのでオススメです。

↓【施工事例】★before

02

↓★after 床、壁にハイドロセラを施工しています。(壁は腰のあたりまで)

14

↓ハイドロセラHP

https://jp.toto.com/products/tile/feature/index.htm

以上、いかがでしたか?

トイレの内装材一つ取ってもたくさんの種類やリフォームの方法がございます。

リフォームをご検討の方、気になる事や、相談したいことがある方、

お気軽にアールツーホーム品川店へお問い合わせ下さい。

みなさまのお電話、ご来店お待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

弊社ホームページもぜひご覧ください。

↓↓↓

https://r2home.tokyo/wp2022home.tokyo/

〒142-0064 東京都品川区旗の台6-24-13

TEL  0120-554-022

HP   https://r2home.tokyo/wp2022home.tokyo/

【毎週水曜・祝日定休】

一覧へ戻る