kitchen

イエトレ 1分で読める家づくりの知恵

キッチンリフォーム

様々な種類の対面型キッチン。
あなたは何を選びますか?

ietore-03

最近ご要望が増えてきている対面型のキッチン。
対面型のメリットは キッチンで作業をしながらも、家族との会話を楽しむことができたり、
小さなお子様がいるご家庭では、お子様の様子を見ながら家事をできるという点です。
しかし、一口に対面型といっても様々なバリエーションがあります。
そこで今回はいくつかのパタ-ンをご紹介します。

【壁の一部を開口したパターン】
ietore-05
間仕切り壁の開口部を抑えぎみにすることによって、
リビング・ダイニングからキッチン内部を見えにくくさせるデザインとなっています。
また適度に壁があることで、ダイニング・リビングの空間がすっきりとした印象になります。

ietore-01
キッチン内部の様子。吊り棚が付くことによって、収納スペースもしっかり確保できます。

【吊り棚を付けないパターン】
ietore-02

ietore-06
吊り棚をなくし、目線がさえぎられることがないので、
開放的な気分で調理ができます。
キッチンカウンターを少し高く設定することで、シンク回りや手元を隠すこともできます。

【アイランド型】
ietore-03
ダイニング・リビングとの間に壁を設けないアイランド型。
LDKの空間にインテリアの一部として溶け込むようなイメージで、
洗練された空間作りに一役買ってくれます。

【アイランド型 カウンターキッチン】 
ietore-07
カウンターの面を伸ばすことによって、ダイニングテーブルとして使うこともできます。
軽く食事をとる際など、とても便利です。ご家族が向かい合って会話を楽しむことができますね。

【カウンターキッチン】
ietore-04

ietore-08

ひとつ前にご紹介した、アイランド型カウンターキッチンとはまた違うパターン。
腰壁を隔て、キッチンの間口と同じ長さのカウンターを設け、ダイニングテーブルとして
使うこの形。奥行もしっかり取っているので、落ち着いてゆったり食事を取ることができます。
腰壁を高く設定することで、キッチン側の手元も隠れ、シンクの水撥ねなどを防ぐことができます。

いかがでしょうか。
上記に挙げた5種類のパターン以外にも、
細かいデザイン・仕様によって、更にいくつかの種類に分かれます。

どのようなLDKの空間にしたいか?
ご家族とどのようなコミュニケーションを図っていきたいか?
ということをよく考えて頂き、

お部屋の大きさ、収納スペース、ご予算・・・
も考慮して、納得できるバランスの取れたキッチンリフォームができるとよいですね。

リフォームのご相談はお気軽に!