kitchen

イエトレ 1分で読める家づくりの知恵

キッチンリフォーム

システムキッチンか、造作するか、憧れのキッチンは、どうつくる?

image_01

毎日何度も使うキッチンは、誰もが気に入ったものにしたいと思うはず。

キッチンリフォームの相談(無料)

最も一般的なのはシステムキッチンの導入です。
システムキッチンとは規格品を組み合わせ、セットで売られている商品のこと。
利点は、何といってもショールームで実物を見ながら選べることでしょう。
色やデザインのバリエーションも豊かで、高さの調整など細やかに行えるものもあります。
激安から超高級まで価格帯も幅広いので、懐事情に合わせた選択が可能です。

一方、家具と同じように一点ものをつくる造作キッチンは、パーツから設備まで、すべてが自由。
建築家やキッチンメーカーと打ち合わせをしながらサイズや素材にこだわって
「世界に一つしかない、自分だけのキッチン」をつくりあげることができます。

どちらがコストパフォーマンスがよいかは、選び方、つくり方次第で一概には言いきれませんが、
量産の規格品の組み合わせである多機能なシステムキッチンと、
同様のものを造作でつくろうとすると、高くつく場合が多いといえるでしょう。

また「クレームを出さない」ことを目指してつくられるシステムキッチンは、
造作キッチンにはない操作性や機能の多様さなど、優れた点ももっています。

キッチンリフォームの相談(無料)

 

記事監修:キッチンスペシャリスト 冨田早紀

 

この記事は「アールツーホーム」が執筆しました
実績1万件以上!同じ工事なら最安価格で承ります

アールツーホームの事例ページ

リフォームのご相談はお気軽に!