Special Contents

【耐震性に優れるRISUTA】

【耐震性に優れるRISUTA】

5アイキャッチ

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

東日本大震災が発生して9年が経ちました。この時期になると、地震や災害の対策について改めて考える人も多いのではないでしょうか。非常食を入れ替えたり、懐中電灯がつくか確認したり、家具転倒防止用品を購入したり・・・。「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、しっかり対策しておけば安心して暮らすことができます。

もしリフォームをご検討中であれば、家そのものの地震対策も考えてみませんか。私たちアールツーホームのワンランク上のリフォーム・リノベーションブランド「RISUTA(リスタ)」では、“地震後も住み続けられること”をコンセプトにしています。地震に何とか耐えたものの大きな修繕が必要で、住み続けられなくなっては、日常生活に支障を来してしまいます。

従来から、リフォームには「耐震評点」という基準が採用されています。「評点1.0」は安心とは言われているものの、その基準は「大きな地震時でも一応倒壊しない」ということになっています。それに対しリスタが基準としている「評点1.5」は、「大きな地震時でも若干の修繕で住み続けられる」というのが基準になっています。

これからリフォームをお考えの方は、「大きな地震後も住み続けられる家」を目指してみてはいかがでしょう。

5

 

 

 

 

記事監修:二級建築施工管理技士 長田大介

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事

  • 2020年からの義務化が決定、
    新たな省エネ基準への対応

    東日本大震災以降、エネルギー問題が注目されたこと、 また生活者にとっても省エネによるコスト効果が大きいことから、 家づくりにおいて省エネはまさに最重要のテーマとなっています。 このような流れの中、国は2020年までにすべ […]

  • 7アイキャッチ用

    【1cmを無駄にしない】

    こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。 ご存じのように、東京は土地が高いです。そのため、より快適に暮らそうと思ったら、少しのスペースも無駄にはしたくないもの。そこで私たちは […]

  • 7アイキャッチ

    【HEAT20のG2レベル達成を目指すRISUTA】

    こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。 みなさんは「HEAT20」という言葉をご存じですか? これは地球温暖化とエネルギー問題対策のため、2009年に発足した「2020年を […]