Special Contents

【常識を疑う重要性】

【常識を疑う重要性】

4アイキャッチ

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

普段、仕事をしたり生活をするなかで当たり前のように思っていても、実は特にそうする理由が明らかでない、ということってないでしょうか。時代に即していないにもかかわらず、「昔からこうしてきたから」という理由で何となくそうしてしまっている・・・。変化するには体力が伴いますので、ある意味仕方ないのかもしれません。

実は家づくりにも同じようなことがいえるんです。たとえば、「メーター」や「」という単位がそうです。これらの基準は本来、人が家に住むことを目的としたものではないんです。なんのためかというと、取引を簡単にするためです。

にもかかわらず、「トイレは3尺が基本」「柱は3寸」など、メーターや尺を基準にして設計されることが多く、住みやすさは二の次となりがちです。

私たちアールツーホームは、そうした歴史や背景を踏まえ、メーターや尺は一旦、度外視。「人間にとって、本当に住みやすくするにはどうすればよいか」から逆算してプランニングをおこないます

たとえばその家族にとって使いやすいトイレの大きさを考え、そこから壁の位置などを決めていくのです。もしトイレに広さを求められないのであれば最小限に抑え、ほかの空間を広くしたりします。

こうしたリフォームをおこなうことで、「前より断然住みやすくなった!」といったお言葉を数多くいただいています。

4-1ブログ

4-2ブログ

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事

  • 5アイキャッチ

    【常識を疑え!】

    こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。 普段何気なく使っているものでも、よくよく意味を追究してみると、特に理由はないことがあります。これは、家についても同じです。たとえば、 […]

  • 2アイキャッチ

    【日本の住宅の断熱性能が低いって本当?】

    こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。 いきなりですが、実は日本は断熱・省エネ後進国なんです。というと、驚く人も多いと思います。ですが実際、入浴中のヒートショック関連死は全 […]

  • 8アイキャッチ

    【洗面・脱衣所のリフォームのポイント】

    こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。 リフォームのご依頼で多いのが、浴室やキッチンなどの水回りです。そこで今回は水回りの1つ、洗面・脱衣所のリフォームのポイントをお伝えし […]