Special Contents

【寝室とクローゼット、一緒で大丈夫ですか?】

【寝室とクローゼット、一緒で大丈夫ですか?】

1アイキャッチ

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホーム(アールツーホーム)です。

アールツーホームでは、上質な暮らしを叶えるブランド「RISUTA(リスタ)」を展開しています。高品質な素材や利便性の高い設備など、より快適な暮らしを奏でるためにさまざまなご提案をしていますが、その1つに「寝室とクローゼット」に関する提案があります。

寝室にはクローゼットを置く場合が多いですが、果たして本当に実用的でしょうか?

私たちは、これまで当たり前とされていたことを疑うことからはじめます。
洋服と寝室が同じ空間にあると、外から持ち帰ってしまった花粉やホコリなども寝室に持ち込むことになります。「寝室+クローゼット」はセットのように定型化されていますが、寝室をクリーンに保つという意味では疑問です。そのためリスタでは、2つを別々にご提案しています。

「寝室で洋服を着たい、見たい」という方もいらっしゃいますので、もちろんあくまでもご提案なのですが、内容を聞かれて納得される方は意外に多いです。

またリフォームでは、家の外枠は決まってしまっています。そのなかでいかに暮らしやすくするかを吟味するわけですが、ベッド横の1mは本当に必要でしょうか。寝室を、寝るためだけの空間と割り切れば、ベッド横の1mを削って、ほかのスペースに活用することもできます。

いままで当たり前と考えられていたことを見直すことで、より快適な暮らしにつながることがあります。
共感いただける方は、ぜひリスタをご検討ください!

1-1ブログ

記事監修:二級建築施工管理技士 長田大介

 

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事