Special Contents

インテリア「サスティナブル」の取入れ方

最近良く耳にする「サスティナブル」という言葉。

直訳すると『持続可能な』という意味です。

持続可能な社会の実現を目的とし、国や企業、個人が様々な活動をしています。

ファッション業界ではサスティナブル素材を意識した商品が数多く出ておりますが、住宅やインテリア業界でも「サスティナブル社会」に向けての取り組みがどんどん増えてきています。

リフォームはまさにサスティナブル社会への取り組みにぴったりですが、まずはご自身で気軽に取り入れられるサスティナブルなインテリアをお伝えしていきます。

【インテリアグリーン】

近年トレンドになっているインテリアグリーンは海外のモダンな高級家具のショールームにも数多くディスプレイされています。

一つずつコレクションを増やして色んな種類のグリーンを置くことで空間に奥行きも出ますし、ナチュラル、モダン、ヴィンデージなど、どのタイプのお部屋にも調和します。

空気清浄の効果もあり、様々なメリットをもたらします。

【アウトドアリビング】

外出する機会が減ってしまった今、自宅のバルコニーやテラスを使って外の空気を楽しむスペースを作る事で、テレワークのストレスを軽減させることができます。

アウトドアリビングの中でもラタンの素材は軽くて丈夫なのでバルコニーに置く家具の素材として最適です。

また、ラタンは成長が早く、7年~20年ほどで成長します。森林伐採が問題となっておりますが、より早く材料として使用できるようになります。

空気中の炭酸ガスを固定させるという優れた特性も持っています。

【漆喰】

日本で昔から使われている自然素材。リフォームでも良く壁などに使われています。

漆喰は別名「呼吸する壁」と言い、湿気の多い時には空気中の水分を吸収し、乾燥している時は、吸収した水分を吐き出してくれます。お部屋の湿度調節をしてくれるのです。

リフォームなど大掛かりな工事でしか出来ないのでは、と思われがちですが、漆喰で出来たタイルなども近年では販売されているのでお手軽にDIY感覚で活用できます。

一見難しそうな「サスティナブルな暮らし」ですが、気軽に生活に取り入れられるので一度試してみてはいかがでしょうか。

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事