Special Contents

【画像解説付き スケルトンリフォームの大まかな流れ】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。今回は「鉄骨造り戸建て・3世帯住宅」のスケルトンリフォームの事例をご紹介いたします。

リフォーム前の間取りは4LDKで、お客さまは特に「中央の和室の使い勝手が悪い」というご不満をお持ちでした。

ご夫妻と小さなお子さま2人の4人家族のため、1部屋減らし、4LDK→3LDKとすることに。部屋を少なくするぶん、LDKを広くしたいとのご要望をいただきました。

コストを極力抑えるために、利用できる場所はそのまま利用することをご提案。結果、このような間取りを採用いただきました。アールツーホームのポリシーである「1cmも無駄にしない」を意識しながら寸法を切り詰め、念願の対面キッチンも誕生しています。

今度は工事の大まかな流れをご紹介いたします。
①まずは解体

②次に壁と天井の軸を組んでいきます

③天井に断熱材を敷き詰め、石膏ボードを張ります

④床と天井ができました

⑤建具がつきました

⑥フローリングを張っていきます

⑦仕上げのクロスを張る前にボードの継ぎ目にパテを塗ります。クロスの仕上がりを左右する大切なひと手間です

⑧水回り設備を設置して完成です!

アールツーホームは、大がかりなスケルトンリフォームも得意としております。お悩みの際はお気軽にご相談ください。

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事