Special Contents

【暑さを和らげるために】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

そろそろ夏も本番! 夏という言葉だけで暑さを感じてしまいますが、みなさんは毎年の夏の暑さをどうやって乗り越えていらっしゃいますか?

冷房や扇風機、サーキュレーターは欠かせない製品ですよね。でもここでは夏の暑さとうまく向き合っていくために、別の方法をご紹介します。1つ目が「シェード」です。シェードとは日よけのことで、日本でいうスダレのようなもの。シェードは建物の外で熱をさえぎるために使うので、カーテンとは違って窓辺をすっきりしてくれます

シェードの種類は豊富で、色やカタチ、絵柄などいろいろなものが揃っています。今年の夏はシェードで暑さ対策をしてもいいかもしれません。

また室外で使うシェードとは違い、部屋のなかで熱をさえぎる方法もあります。たとえばブラインドとレースカーテンの併用も1つです。カーテンだと窓との間に「熱だまり」ができやすいですが、この方法であればそうした心配が少なくなります

窓側にはシンプルなスチールブラインド、室内側には天然コットンの柔らかなレースがオススメ。ブラインドが熱や光を弱め、レースがさらに明かりを抑えてくれます。

少しでも熱を遮断できれば、それだけ冷房効率も高まりますので、よかったらぜひ試してみてください。

※シェードの画像はイメージ

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事