Special Contents

【中古物件を購入するときの注意点】

【中古物件を購入するときの注意点】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

新築を建てるか、中古物件を購入してリフォームするか、と悩んでいる方も結構多いと思います。中古物件の魅力は、やはり価格新築に比べ、安く購入できるというメリットがあります。しかも最近では、フルリフォームをすることで、理想の間取りが叶いやすくなっています。

ただ、気を付けたい点もいくつかあります。1つは、給排水の古さ。給排水管が弱り、そこから水漏れが起こることもあるため、購入時にはしっかりチェックしておきたいところです。

また築年数にも注意が必要です。1981年には建築法の改正があり、耐震基準が厳しくなりました。そのため新基準に対応していない1980年以前の物件は、耐震工事をおこなうことを前提で考えておかれたほうがいいです。

1981年以降の物件が完全に安心かというとそうでもなく、2000年までに建てられた物件のなかには、耐震基準を満たしていないものも見受けられます。

耐震面で一番安心なのは、2001年以降の物件。築20年未満であれば、耐震工事は不要です。

気になる物件がいつ建てられ、設備の状況はどのようになっているのか。
弊社にはD-LINEという不動産部もございますので、
不動産、リフォームのプロと一緒に物件選びをすれば、安心して進めることができます。

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事