Special Contents

【上質感漂うヘリンボーン 施工事例】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

みなさんはヘリンボーンという名前を聞いたことがおありでしょうか。ヘリンボーンとはV字形を連続させた模様のことです。ニシン(herring)の骨(bone)に似ていることから、名付けられたとされています。名前は知らなくても、ヘリンボーンを見たことがあるという人はきっと多いと思います。最初にこの柄を床に使用したのはヴェルサイユ宮殿といわれているのだそうです。

また日本にも似たような柄があって、弓矢の羽根に似ていることから「矢筈(やはず)模様」、杉の葉に似ていることから「杉綾」などと呼ばれています。

そんなヘリンボーンの塩ビタイルを、先日、お客様のLDK床に施工いたしました。リビングドアを開けた瞬間に広がるヘリンボーンの美しい模様は、お部屋に上質感をもたらしてくれます。

少しコストはかかってしまいますが塩ビでなく、木材を使ってヘリンボーンに仕上げることも可能です。また床だけでなく、壁に採用しても面白いですし、北欧風やヴィンテージ風、西海岸風など、ヘリンボーンはさまざまなスタイルに合うのもポイントです。上質感のあるリフォームをお求めの際には、ぜひアールツーホームへお問い合わせください!

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事