Special Contents

【リモートワークを考える Vol.3 R2ホームのこだわり】

【リモートワークを考える Vol.3 R2ホームのこだわり】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

すっかり普及したリモートワークをテーマにお届けしている、第3弾。今回は理想のスペースをご提案するために、わたしたちがこだわっていることについてお伝えいたします。

リモートワーク専用のスペースをつくる場合でも、そうしない場合でも、リフォームをするうえで大事となってくるのは、やはり「後悔をしないこと」です。お客さまには絶対に「あぁしておけばよかった」と感じていただきたくはありません。

そこでカギとなってくるのがヒアリングです。ご要望をしっかり聞き取れていないと、理想と違うリフォームになってしまいます。そして難しいのが、すべてのお客さまがご自身の理想を「言語化」できていないということ。

「こうしたい!」ということが明確でなかったり、あるいはリフォームの理想形が固まっていたとしても、よくよくお話を伺うと、それを具現化しても望まれる暮らしにつながらないといったこともあるのです。

たとえば、収納のデッドスペースをなくしたいからと、「クローゼットを上下に2段にわけたい」と考えてらっしゃったとします。でも実はお持ちものはロングコートや帽子といった引っかけるものが多く、2段にするとかえって不便になる、というケースもあるんです。

わたしたちアールツーホームはリフォームのプロとして、その出発点であるヒアリングを非常に重視しております。叶えたい暮らし方がはっきりすれば、あとはそれを実現するだけです。

リモートワークをご検討中の方も、そうでない方も、お困りのことがあればぜひお気軽にご相談ください。

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事